PT JAPAN

130401_00

PTが日本に上陸し、今年は5年目を迎えます。この記念すべき節目の年に、いよいよPT Japanが発足しました。

PTではこれまで日本のマーケットからの多くの提案やアイディアが取り入れられ、より魅力的な製品が生まれてきました。イタリアと日本の強いパートナーシップの下、まさに両輪となって進んできたのです。

そうした関係を強化するとともに、さらに切磋琢磨するため、TREMEZZOの100%出資によりPT Japanを設立することになりました。これは世界初の現地法人であり、イタリア本国からも大きな期待がかかります。1月21日にはニューショールームのオープニングパーティが開催され、来日したクリエイティブディレクターのマリオはこう語りました。

「PTがデビューし、初の海外進出先に選んだのは日本でした。そして日本とはこれまで一心同体の関係で成長し、期待以上の大きな成果を挙げてきました。それはけっしてビジネスだけでなく、つねに新しいものを求める情熱が共通したからにほかなりません。そこで日本へのリスペクトを証明するとともに、一過性ではない長いパートナーシップを築くため、PT Japanが誕生しました。東京のオフィスはミラノのショールームと一体になり、そこではPTの世界観が貫かれます。これは私たちにとってもセカンドステップであり、進化を続けるPTの象徴なのです」